違いは何?婚約指輪と結婚指輪

婚約指輪は永遠の愛の証

婚約指輪は、永遠の愛の証として、プロポーズの時に男性から女性へと贈られる指輪です。受け取った女性は、結婚するまでの期間、婚約指輪を身につけます。 そんな婚約指輪の中で、特に人気が高い宝石がダイヤモンドです。絶対にダイヤモンドの指輪でなければいけないという訳ではありませんが、見た目が美しいだけでなく、世界一硬い宝石という特徴があるダイヤモンドは、永遠に砕けない愛を証明する為に最適な宝石と考えられ、多くの人に選ばれています。 ダイヤモンドの指輪でなくても、婚約指輪の場合、宝石が美しく輝く指輪が多くなります。そして、土台は宝石を美しく輝かせるプラチナが多く選ばれています。その為、婚約指輪は、相場でも30万円程度と、値段が高めになっています。

結婚指輪は結婚をしている証

結婚指輪は、結婚をしたタイミングで夫婦が揃って身につける指輪です。ですから、婚約指輪とは違い、ペアリングとなります。結婚式を挙げるカップルの場合、挙式の中で指輪交換を行う事になります。
この指輪は、一時的ではなく、一生身につけていく指輪となる為、仕事中でも邪魔にならず、年齢を重ねても身につけやすいシンプルなデザインが多くなっています。宝石があしらわれている指輪もありますが、邪魔にならない程小さな宝石が使われる事が一般的です。その為、値段の相場はペアで20万円程度と、婚約指輪に比べると手頃な価格になります。
結婚指輪は、お互いが結婚の証として身につけるものですが、周りの人に結婚をしている事を伝える役割もあります。

一生に一度しか作らない結婚指輪です。東京の有名店で作るのもいいですが、結婚指輪を千葉・埼玉といった郊外の隠れた名店で作る、というのもいいかもしれません。