やっぱり気になる?婚約指輪の予算問題

婚約指輪の相場の平均はどれくらい?

婚約指輪はいくらぐらいするものなのか、あまりピンとこない男性は多いのではないでしょうか?
かつては月給の3ヶ月分などと唄われたことから、指輪の購入は男性にとっては非常に大きなものです。
例えるならば、男性にとっては車を購入するようなものでしょうか。

中にはサプライズで、男性一人で選ぶ場合もあるでしょう。
女性も予算については気になるものの、いざ二人で相談となると気を遣ってしまいますね。

アンケートの結果では、想定した予算が平均で20万円~30万円でした。
多くの人がお店に観に行く前に、インターネットで下調べをして予算を決めているようです。

しかし実際の購入金額は平均で30万円~40万円と、予算をやや上回る結果となっています。
では、なぜ多くの人が予算を上回る金額で、婚約指輪を購入しているのでしょうか。

大切な指輪だからこそ、長く愛せるものを

多くの人がダイヤモンドの指輪の購入をしています。
実際にお店に指輪を見に行った時には、婚約指輪について様々な説明を聞くことになるでしょう。
そして、実際に試着をしてみて似合うものを選んでいきます。

婚約指輪は買い替えるものではありません。
お二人の結婚生活で、ずっと大切にしていくものです。
だからこそ予算を上回っても、二人で納得し長く愛せるものを選びたいと思うものです。

女性が気に入ったものが少し予算オーバーだった、ということも考えられますね。
彼女に似合う素敵な指輪を贈ってあげたい、という男性の気持ちがうかがえます。

または、男性が納得できるものが、そうである場合もあるでしょう。
男性にとっても、指輪の購入は特別なものです。

金額以上に、その意味合いが大切な婚約指輪。
皆さんが長く愛せる、素敵な指輪に出会えるよう願っています。

結婚指輪はずっと愛する人と人生を共にして一緒にいる証です。愛する相手には肌身離さず見える形で伝える必要があります。それが深い絆となり、より親密度を増し二人にも周りにも伝わり絆が広がっていくのです。